京都で人気の花魁体験ができる♪キレイに写真を撮ってもらえると口コミで評判の良いスタジオをご紹介!

体験者に聞いた!まわりと差が付くあって良かった撮影小物・小道具とは?

京都で花魁体験を行いたいと考えている人の中には、素敵な写真を撮ることが目的の人も多いはずです。体験者にまわりと差がつく撮影小物や小道具を聞いてみたので、他の人とは違った写真を撮りたいと考えている人は参考にすると良いでしょう。小道具などを上手く活用して、オリジナリティのある写真を撮れるようにすることがおすすめです。

扇子や狐面は顔を隠した写真を撮るときに便利

扇子や狐面は顔を隠した写真を撮るときに非常に便利な小物なので、持っていて損はないようです。お店にもお面や扇子を用意している場所があるようですが、自分好みのデザインを選ぶことができるかどうかは分かりません。花魁体験ができるお店に行くまでに、扇子や狐面を販売しているお店があるはずなので、そういった場所で事前に購入して持ち込むこともおすすめです。

写真を撮るときには、全体とアップの両方を撮る人が多いです。特に顔を小さく見せたい人、SNSのアイコンにしたいから全体は見せたくない人は、こういった小物を活用して顔を隠すと良いでしょう。

狐面で顔の半分だけ隠しているとミステリアスな雰囲気を演出したり、色っぽさを演出したりすることができます。扇子の場合は選んだデザインやカラーによって色気を出すこともできれば、可愛らしさを出すこともできるので非常に便利です。

雰囲気が違った写真を撮りたい場合は、デザインやカラーが全く異なる扇子をいくつか持っておくこともおすすめだと言えます。友達と一緒に利用するのであれば、それぞれが違ったタイプの小物を購入し、皆でシェアして撮影するという方法もおすすめです。

顔のアップ写真を工夫したい、一味違ったものにしたいと考えるのであれば、扇子もしくは狐面の準備をしておいたほうが良いと言えるでしょう。

煙管や刀はカッコイイ花魁になることができる

煙管や刀はカッコイイ雰囲気の花魁姿を撮影するためにピッタリの小道具です。当時の花魁が煙管や刀を持っていたかどうかは別として、漫画やアニメのキャラクターには刀や煙管が似合う花魁キャラがいます。そういったキャラクターを真似するという意味でも、煙管や刀はおすすめの小道具だと言えるでしょう。

これらを持った写真と持たない写真を撮れば、ギャップのある写真撮影を行うことができます。ただし、扇子などの小さなものと違って、煙管や刀は大きなものであることが多いです。

京都で花魁体験を行っているお店の中には、大きすぎる小道具の持参を禁止している場合もあるので、事前にこういったものを持ち込むことができるかどうか確認しておくことは非常に大切だと言えます。煙管や刀をせっかく用意したのに、持ち込みを断られてしまうと意味がありません。

レンタルして街を歩くことができるプランであれば、屋外に行って自分たちで刀などを用いて撮影をすることもできます。カッコイイ写真を撮りたいと考えるのであれば、煙管や刀を持参することがおすすめであり、こういった小道具はお店に置いていないことが多いので、まわりと差がつく写真を撮ることができるでしょう。

おしとやかな花魁になりたい場合は和傘がおすすめ

花魁と聞くと夜の街で活躍する華やかな女性というイメージがあるかもしれませんが、小道具次第でおしとやかな雰囲気を出すことができます。おしとやかな花魁になりたいのであれば、和傘を活用することがおすすめであり、すましたポーズで撮影を行いたい人にピッタリだと言えるでしょう。

花魁体験をできるお店にも和傘を用意している場所がありますが、自分が気に入ったデザインのものを使いたい、確実に使用したいと考えるのであれば持参することがおすすめです。

京都にはお手頃な価格で和傘を販売しているお店がたくさんあり、近辺で素敵な和傘を購入しておくことができるはずです。和傘は自分へのお土産にすることができますし、普段からコスプレなどを行うことが多い人であれば、別の機会にも利用することができるので買って損はないでしょう。

紫色などや赤い和傘を想像する人が多いかもしれませんが、柔らかい印象を与えるような水色やピンクの和傘もあります。無地だけではなくサクラ柄のものや、花の形をしている和傘もあるので、なりたい雰囲気に合わせて種類を選んでおくと良いでしょう。

花魁と言えば色気を出した写真を撮影することになりそうだと思う人もいるかもしれませんが、和傘を使っておしとやかな写真も撮れるので、まわりと違った写真を撮りたい場合は和傘を用意しておくことがおすすめだと言えます。

 

京都で花魁体験を行うのであれば、小物や小道具を持参して撮影に臨むことがおすすめです。まわりと差がつくオリジナリティのある写真を撮ることができるので、自分がなりたい雰囲気に合わせて小物を用意しておくと良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧