京都で人気の花魁体験ができる♪キレイに写真を撮ってもらえると口コミで評判の良いスタジオをご紹介!

花魁体験は古典風と現代風どっちを選ぶ?特徴や違いとは?

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/10/21

花魁風の衣装に身を包み、プロのカメラマンに撮影してもらう花魁体験。どのお店を選び、どんな花魁になろうか考えるのも楽しみのひとつです。花魁体験は大きく分けて古典風と現代風の2つのタイプがあるため、それぞれの特徴を理解したうえで、自分がなりたい姿に合った花魁スタイルを選ぶとよいでしょう。

古典風花魁なら伊達兵庫髷を取り入れるのが人気

プランを選ぶ前に、花魁体験の一般的な流れを確認しておきましょう。花魁体験の一般的な流れは、まず体験できるお店を探し予約します。そして、当日、来店後、着物を選び、メイク、ヘアセットをし、撮影となります。プランには、衣装、メイク・ヘアセットと撮影がセットになっていることが一般的ですが、予約時に、プランに含まれている物をホームページや電話で確認することをおすすめします。

花魁体験には、主に、江戸時代の花魁を再現した古典風花魁と現代風にアレンジした花魁の2パターンがあります。古典風と、現代風の大きな違いのひとつは、髪形です。現代風は、髪を下ろしたり後ろでまとめたり、髪を結い上げるスタイルなど自由自在です。お店によってはウィッグを使うところもあり、普段とは違う髪形やヘアカラーに挑戦してみるのもありかもしれません。お花飾りを用い、華やかにアレンジすることもできます。

一方、古典風は、伊達兵庫髷を取り入れるのが人気です。世間一般で思われている花魁の髪形のイメージだと思いますが、扇や蝶々の羽のように見える、きらびやかな髪飾りをつけた華やかな花魁の髪形に憧れますよね。この髪形は、兵庫髷と呼ばれていて、江戸時代、遊女たちの間で流行したそうです。当時の花魁を忠実に再現し、かっこよく凛とした姿になれます。

花魁体験は、ショートヘアでは難しいのではと思われがちですが、古典風、現代風ともに、ショートヘアでもできるアレンジもたくさんあります。例えばサイドをアップたり、髪をわけて流して髪飾りをつけるだけで、華やかな花魁の姿になれるので、地毛でも可愛くなれます。髷のかつらが用意されているお店も多いため、髪が短いからといって花魁体験を諦める必要はまったくありません。

また、古典風花魁と現代風花魁では、小道具も少し異なります。古典風では「琴」を持ったりします。江戸時代、花魁は書道、茶道、和歌、三味線、琴などの芸事に秀でているとされていたこの流れです。お店で、着物やスタジオの雰囲気にあった小道具を用意してくれますが、持ち込みができるお店もあるので確認してみるとよいでしょう。当日は、撮影にあたるプロのカメラマンが、ポージングとともに、お店の人が着物やヘアメイク、スタジオの雰囲気にあった小道具を提案してくれます。

現代風の花魁は自分らしさが出しやすい

古典風花魁と現代風花魁の主な違いは髪形とお伝えしました。現代風は髷を用いないので、アップにしたり流したり髪形そのものや、髷に制約を受けることなく動けるのでポーズに自由度が増し、自分らしさが出しやすくなります。

また、メイクも現代風は、文字通り流行メイクなので、より自分の好みが出しやすくなります。かっこいいだけでなく、かわいい雰囲気も出してもらえます。ぜひ当日、メイクさんに自分のなりたいイメージを伝えてみてください。お店によっては、メイクに、まつげ、タトゥーシール、ネイルチップなどをつけることができるので、自分なりのアレンジをさらに加えることができます。

花魁姿で散策するなら着崩しすぎに注意

きれいにヘアメイクをし、華やかに着飾ったら、外に出て散策したくなるのではないでしょうか。デコルテラインが見える艶っぽい花魁姿で外を歩いたら、より花魁になりきれるでしょう。スタジオでの撮影が一般的ですが、散策プランもあり、庭園など花魁スタイルの映えるスポットでの撮影ができるお店もあります

花魁姿で、観光地をまわり観光と花魁体験当時に味わうことができます。豪華絢爛な非日常空間でのスタジオ撮影は花魁体験のよさですが、外での撮影も、光や角度によって、着物の見え方が違うなど、スタジオ撮影とは違った良さもあります。

着物を着ての散策は季節によっては暑いですが、季節ごとにきれいな写真が撮れるメリットもあります。春の大型連休明けは、冬の落ち葉がなくなり、木々がきれいな緑色になるので、カラフルな着物がより映えます。6~7月は梅雨ですが、雨の後は空気がさわやかになるので、とても澄んで見えます。木々も水分を吸収するので、きれいな緑色のみずみずしい背景の写真になります。

花魁スタイルは、着物を着崩し、デコルテを見せるセクシーな着こなしをします。散策をする際に、着崩れが気になる人や、外を歩くときの露出が気になる人は、着付け時に露出を減らす、着崩しを抑えるなどリクエストすることもできます。外を歩くときは足元も気になりますが、大学の卒業式で袴にブーツを選択し、現代風に着こなす卒業生がいるように、花魁体験でも冬や雨の日など足元が心配な場合は、ブーツをはいて現代風要素を取り入れて散策することもできます。

 

花魁体験ができるお店の多くで、かっこいい古典風、自分らしさが出せる現代風と主に2つのスタイルの花魁体験ができます。自分の好みからスタイルを選び、必要な場合は、オプションでアレンジして、なりたい姿を追求し、自分らしい花魁姿を作り上げましょう。

おすすめの花魁体験スタジオ5選!

商品画像
商品名舞妓・花魁体験・着物レンタルSTUDIO夢工房STUDIOあられSTUDIO心京都 葵花りん
特徴写真補正のクオリティーが高い基本料金が安い映画のセットのような本格的な撮影スタジオ古典風から現代風まで、選べるプランが豊富祇園花街の置屋を再利用した風情ある店舗
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧