京都で人気の花魁体験ができる♪キレイに写真を撮ってもらえると口コミで評判の良いスタジオをご紹介!

何が違う?花魁と舞妓

日本に来訪する外国人旅行客において、長年渡航先として人気なのが京都です。そんな京都を代表する観光目的になっているのが、日本の伝統芸能の花魁体験になります。花魁体験は日本の伝統着の着物とおしろいで着飾ってもらい、写真撮影をしてもらえます。そんな花魁体験をする際に、疑問に思うのは花魁と舞妓というのが存在する点になります。

花魁と舞妓はどちらも遊郭における職業のこと

花魁と舞子というのは、明治時代以前にあった遊女という枠組みに入る職業のことです。明治時代以前の日本は経済的に安定していなかったため、女子供は内職でお金を増やすか土地を持っている家庭であれば畑を助けて家計を助けてます。

しかし内職や畑で得られる収入は少ないため、明治時代以前では家計が苦しい家庭は女子供を身売りするという選択肢があったのです。もちろん裕福な家庭だったとしても、明治以前は戦国時代だったために戦乱で両親が命を落とした場合も同じように身売りする形になります。

基本的に身売り先には2種類あって、一つは上流階級のお手伝い、そして2つ目が京都や江戸にある遊郭の施設に預けられるというものです。遊郭というのは戦国時代以前において、経済を潤すために貴族や裕福な商人を対象に遊べる場所を意味します。身売りされた子供たちは、遊郭の施設で育てられるのです。

その施設内で花魁と舞妓の修業を経て、遊郭内のお店に出向する形になるのです。そして遊郭の施設に入った女性は、そのまま遊郭で働いてお金を稼ぎつつ身請けが来るまで待ちます。身請けというのは裕福な家庭が、自身の資産を使って花魁と舞妓を引き取ることです。

引き取られたときに花魁と舞妓は遊郭の施設から卒業し、身請け引受人が今後の生活を助けるという形になります。もし身請けがなかった場合には、そのまま引退するまで働き続けることになるのです。

花魁と舞妓の違いは仕事の内容に違いがあります

花魁と舞妓が遊郭で働く遊女ということが分かったところで、双方の違いとしては働く内容に違いがあります。花魁は、女性として生まれたことを武器にして働く職業のことです戦国時代は常に命の危機があったため、この時代の男性は家庭以外で心を休める場所が必要だったのです。

そこで花魁は、男の心を回復させるためにおしろいときれいな着物で着飾ります。そして男性のきれいな女性を連れて歩きたいもしくは1日中寄り添っていたいという願望を叶えるために、遊郭内で外出をしたりまた施設内で接待をするなどの仕事をするのです。

そして舞妓は、遊郭の中には男性の心を癒す場所として飲食ができるお店が立ち並んでいます。そのお店で飲食をする際に、どうしても料理が出来るまでの間に空白の時間が生まれてしまうのです。空白の時間はお客にとって退屈な時間になってしまうため、そこでお店のサービスとして芸事を見せることで空白の時間を埋めるようにします。その芸事を見せるのが舞妓の仕事であり、花魁と一緒でおしろいと着物を着ます。

その後お客に芸を見せるための専用舞台に上がって、そこで琴と音楽を合わせてお客を楽しませるという仕事をするのです。遊郭には花魁専門店と舞妓が芸を見せるお店も存在しますが、基本的には料理店で舞妓が芸を見せてお酒と一緒に料理を楽しんだ後の時間は花魁と楽しむというのが当時の遊び方の流れになります。

明治時代以降は遊女の枠組みから分離される

遊郭で働く遊女によっては、手っ取り早くお金を稼ぐために花魁と舞妓の両方を行う場合もあったのです。そのため戦国時代の時には花魁と舞妓の境界線自体は薄かったのですが、江戸時代に入ると明確に分かれます。

舞妓は芸で見ている人を楽しませることが目的となり、遊女として女性の性で相手を楽しませるのとは違うという風潮になります。そのため性で勝負するのではなく、踊りや琴を極めていくという仕事になっていくのです。しかし琴や踊りに才能がなかった女性は、生きていくためにはやはり性を使う以外に手段がなくなります。

男性としては、戦乱の世の中が終わってもきれいな女性と一緒にいたいという願望は残っているのです。そこで接客業の一貫で、これまで通りに一緒に飲食をともにするなどの仕事へと変化していきます。それから遊郭制度は第2次世界大戦以降において廃止され、文化として踊りや琴を行う風習が残ることになるのです。

そして花魁の仕事は、札幌のすすきのや東京の歌舞伎町にあるお店といった形で継承される形になります。ただ花魁自体が女性の花型であり、過去の日本の歴史を物語るものです。そのため花魁の女性の性を売るという形は失われましたが、その男性を喜ばすためにあったおしろい文化や着物を着る文化はそのまま残るのです。それが最終的に、国内外の観光客を楽しませる花魁体験として残ることになります。

 

花魁と舞妓は、どちらも昔の京都にあった遊郭において客人を楽しませるための女性専用の職業です。江戸時代以降になると、片方は文化として琴や踊りを継承する職業となり、花魁は性を使って男性の心を癒す職業になります。

その後花魁は性を使う部分は廃れましたが、その代わりに男性を喜ばすための工夫は花魁体験として現在に継承されたのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索