京都で人気の花魁体験ができる♪キレイに写真を撮ってもらえると口コミで評判の良いスタジオをご紹介!

京都の花魁体験ではヘアメイクや着付けを楽しめる!

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/03/19


洋服が当たり前の現代では、和服を着るというのは特別な意味合いがあります。例えば成人式、披露宴など、めったに着ることがない着物にどこかわくわく感を感じるでしょう。着物を身にまとい適したヘアメイクを施すことで、自然と立ち振る舞いが美しくなるものです。今回の記事では、京都の花魁体験でのヘアメイクや着付けを紹介しましょう。

ウィッグなしでもヘアアレンジできる

江戸時代に人々を魅了していた花魁には、気品と美しさがあったようです。ヘアも花魁にしかできないスタイルで、インパクトのあるものでした。花魁体験では、当時のヘアスタイルを再現しているケースや、現代風にヘアアレンジしたケースがあります。

ウィッグを使う

当時の花魁の髪の結い方には複数種類がありました。兵庫髷(ひょうごまげ)や高島髷(たかしままげ)という結い方でしたが、現在再現する場合はウィッグを使うのが主流です。髪の長さに関係なく、ウィッグを希望する人もいます。

ウィッグを使わず地毛を使ったヘアアレンジ

ウィッグを使わなくても地毛を使ったヘアアレンジは可能で、ナチュラルな仕上がりを好む人には適しているでしょう。地毛で日本髪を結うこともできますが、現代風のアップスタイルやダウンスタイルが人気を得ています。どのような髪型にしたいのかという要望を出せば、長さに合わせてできる範囲のアレンジをして貰えるでしょう。

アップスタイルの場合は、お団子にしてうなじを見せることで、妖艶さが増します。三つ編みや編み込みをしてサイドアップにすると、可愛いイメージになりそうです。また髪を結い上げず、ストレートロングを活かすヘアアレンジも日本の女性らしさを演出できます。ヘアアレンジで全体の雰囲気も変化するため、ヘアは重要なポイントです。

店舗によってヘアメイクの仕上がりは違う

花魁体験ができる店舗は京都には数多くありますが、店舗独自のプラン内容があって迷ってしまう人もいるでしょう。ヘアアレンジや着付けなども店舗特有で、ヘアメイクの仕上がりも違ってくるようです。花魁体験のメイクの特徴は、まず自分の肌色よりもかなり明るいファンデーションを選択します。何度も重ね付けをして、白塗りを厚くするのも花魁メイクならではといえるでしょう。

そしてアイメイクに関しては、目尻に赤いアイシャドウを入れて、少し酔ったような雰囲気にします。そして首のメイクも大事で、うなじにもファンデーションを施し妖艶さを強調するようです。このようなメイク法が花魁メイクの基本ですが、店舗によって使用するコスメも異なります。同じ赤やピンクでもメーカーによって色合いも変わり、メイクの方法でも印象は違って見えるでしょう。SNSなどで検索すると花魁体験の画像もアップされているため、自分好みのものを見つけることができそうです。

また店舗のホームページにも詳しく紹介されており、新作なども随時アップされています。理想の変身ができるように店舗選びは慎重にし、疑問があれば電話かメールで問い合わせをするとよいでしょう。ホームページに記載されていない情報を入手できるかもしれません。しっかり詳細を調べてから予約するようにしましょう。

好きな着物を選べる

花魁体験では、自分が着たいと思う着物を選べる点が魅力です。花魁体験で着る着物は豪華絢爛で、一般的な着物とは違う特徴があります。振袖も艶やかできらびやかなものもありますが、花魁が着ていた着物は着こなしも異なるようです。現在は当時の衣装を再現するというより、現代風にアレンジした着物を身に着けるというスタイルになっています。

花魁体験では着物、打掛、帯を選んでいきますが、スタッフのアドバイスを参考にして、好みの着物を選ぶことができるようです。着物のイメージにメイクを合わせるのも大切で、メイクの色合いや方法もスタッフに相談することができるので安心でしょう。振袖を着る時にうなじが見えるように「抜き襟」という着方をしますが、花魁も同じような着付けをし、前の襟はしっかり詰めて着ます。

しかし、襟元をどの程度開けるかなどは好みもありますので、希望すれば思い通りの着付けをしてもらえるでしょう。花魁の衣装が大きく違うのは、帯を後ろではなく前で結ぶという特徴です。花魁衣装を美しく着こなすためにも、スタッフと相談しながら進めていくのがベストです。

ちなみに、花魁体験には何も持参する必要がないというのが基本ですが、自撮りのためにスマホやカメラは持参した方がよいでしょう。さらに、花魁体験を終えるとメイクは全て落とすので、ノーメイクで帰ることを避けたい場合は、日常使いしている化粧道具は必要です。

 

花魁の衣装はある程度着崩すものだと思われていますが、その時代の花魁は今の流行りのような肌を露出するような着付けはしませんでした。美しさの中に妖艶さがあるというのが、そのようなイメージを作ったのかもしれません。花魁体験をして、普段の自分にはないものを見出し変身するのもよい体験となるでしょう。

おすすめの花魁体験スタジオ5選!

商品画像
商品名STUDIOあられSTUDIO心京都 葵花りん舞妓・花魁体験・着物レンタルSTUDIO夢工房
特徴基本料金が安い映画のセットのような本格的な撮影スタジオ古典風から現代風まで、選べるプランが豊富祇園花街の置屋を再利用した風情ある店舗写真補正のクオリティーが高い
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧