京都で人気の花魁体験ができる♪キレイに写真を撮ってもらえると口コミで評判の良いスタジオをご紹介!

指先まで華やかに!花魁体験でこだわりたいネイルの種類とは?

京都で人気の花魁体験をご存知ですか。和風のメイクやヘアセットをプロに行ってもらい、写真まで撮影してもらえるサービスが今注目されています。花魁の美しさを際立たせるアイテムが、ネイルです。和服に似合うネイルにはどのような種類があるのでしょうか。

基本は着物の模様や帯に合わせる

着物の小物などでよく使われる手法のひとつに、帯や着物の柄と合わせるという方法があります。これをネイルに活用するというのも素敵です。

京都の花魁体験のスタジオには、ネイルのオプションを種類豊富に用意しているスタジオも存在します。また、京都のネイルサロンにも和柄のデザインを施してくれる場所がありますので、柄を説明すれば美しくネイルを彩ることが可能です。

ベースカラーで悩んでしまったときは、ベージュやクリアカラー、もしくは薄いピンク色などを使ってみると良いでしょう。これらのカラーは手先を美しく見せる効果があります。花魁体験の写真でも、指先が美しいほうが写真映えするものです。

ポイントとしては着物の全体色ではなく、あくまで柄の色と合わせること。柄との色を合わせることで、着物全体を引き立たせる小物のような役割と、和風に馴染んだ粋なデザインが可能となります。爪を美しく仕上げることで、全体的に統一感が生まれますから、着物に「着られている」感がなくなり、「着こなしている」感じが強く表現されるのです。

単色で合わせるのであれば、自分でカラーを購入し色を塗ることも出来ます。ほんの少しの工夫で、全く雰囲気が違ってきますから、帯と着物の柄の色チェックは非常に大切です。

誰でも出来るのは単色にワンポイント

少し工夫をしたネイルを身につけたいのなら、先ほどの帯や柄の色をベースにさらにワンポイントのカラーを加える方法がお勧めです。ワンポイントをプラスするといっても、方法はたくさんありますから、あなたが好きな方法を選ぶことが出来ます。

写真映えするものでお勧めの方法は、「5本指の中の、1つだけ違うカラーに仕上げる」方法です。この時の色の組み合わせは、着物のデザインと同じ配色にすると更に艶やかに仕上がります。

より豪華で華やかな印象を与えたいのなら、「金箔やラメ」を使用する方法もお勧めです。爪の先だけの金箔や全体をラメで仕上げるなど、さまざまな仕上がりが考えられます。

着物に相応しい色を選ぶことも大切ですが、せっかくの花魁体験を楽しむことも大事です。自分の好きなようにゴージャスに金箔やラメを散らすのも良いでしょう。

キラキラとした印象は好まないという場合は、ワンポイント色に「白」を使うのも効果的です。「白」はどのような模様を描いても目立ちます。フレンチネイルなどでも多用され、写真映りも良い色です。爪の先のワンポイントとしても良いですし、指の1本だけを「白」でコーデするというのも和ならではの美しさが映えるでしょう。

「白」は清潔感や女性らしさ、高貴な印象を与えてくれる色です。男性からの評判も良い色合いなので、迷ったときには活用することをお勧めします。

お花を使ったデザインで華やかさを纏う

花魁体験ではもう少し華々しいネイルを身につけたい、そう考えているあなたには、ぜひお花を使ったネイルをお勧めします。出来るだけ存在感のある、大きなお花を描くと豪華さが強く表現できます。ネイルアートとして専門店のスタッフさんに、描いてもらうのもお勧めです。その時は桜などの和風デザインだと、着物と上手にマッチします。

特に今、流行中なのは押し花を使ったネイルです。ベースカラーをおとなしめに仕上げたまま、押し花のデザインを施してみましょう。すると華やかさが一気にアップします。しかも自然な印象を保つことが出来ますから、派手派手しいのではなく上品なデザインとして印象付けることが可能です。

ポイントとしては、出来れば5本の指の内押し花デザインやアレンジをするのは2本から3本程度にしておくことでしょう。全ての指にこのデザインをしてしまうと、デザインの優雅さが欠けてしまったり、上品さがうまく演出されないことがあります。

他の指にもなにかが欲しいと考えるなら、金箔やパールなどがお勧めです。あくまで高級、高貴なデザインのパーツを身につけることで、和風ならではの女性らしさが漂います。

京都市内には、優秀なネイルサロンやデザインスタジオがたくさん揃っていますから、お店でイメージなどをしっかり相談して、あなたが納得する美しいデザインで指を綺麗に飾りましょう。

 

花魁体験には着物やヘアメイクも大切ですが、ネイルにもこだわりを持つことで、より美しく自分を飾ることが出来ます。指先までも気遣う心意気が、あなたをより美しい和風の女性に仕上げてくれるのです。花魁体験の際には「爪」の飾りも忘れないようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索