京都で人気の花魁体験ができる♪キレイに写真を撮ってもらえると口コミで評判の良いスタジオをご紹介!

花魁のだらり帯って?帯の種類を知っておこう

京都と言えば華やかな舞妓さんというイメージを持っている方は多いと思います。そのため京都には舞妓さんや花魁体験ができるお店も多く、気軽に楽しむことができるということで人気の高いです。 花魁と言えば印象的なのが前に結われただらり帯。実は色んな帯の結い方や意味があり、その中には花魁ならではのものも含まれているのです。

花魁はどうして前で帯を結ぶの?

折角京都に行って花魁体験をするのであれば、花魁というものについても是非学んでおきたいところ。花魁は吉原の遊女の中でも最も位の高い遊女だけが名乗れた位になります。そのためには男のあしらい方だけではなく、教養、美貌も兼ね備えていなければいけません。

遊女達が身に着けているものは遊郭からお金を借りて誂えたものが殆どです。しかし花魁は他の遊女と一線を画すため、客からの貢ぎ物や自費、遊郭からの借金で誂えた一級品を身に着けた豪華絢爛な装いで周りを魅了しました。この一級品が最も映える帯の結い方が前に帯を結ぶだらり帯だったと言われています。

花魁は太客を迎えに行く時に花魁道中というものがあったというのは有名な話です。その時その美貌、衣装、飾り、全てが美しく見えるのが前から見た時になり、客にも常に美しい自分を見せられるようにというプライドもあったかもしれません。

元々帯は実用的な細いもので、前に結ぶのが一般的でした。江戸時代に入ってから豪華絢爛な幅広の帯が流行し、前に結ぶと邪魔なために後ろに結ぶようになったのです。

既婚女性は家事をするのに邪魔となるので細い帯を前に、未婚女性は豪華な帯を後ろに、というのが主流でした。 しかし前に結ぶというのは非効率的であるということで徐々に廃れていったのです。

それでも吉原ではこの習慣が残り、既婚者でありながら家事をしない一夜限りの妻を演出するようになったと言われています。だからこそ花魁の衣装は花嫁衣裳に近いものなのです。

一般的に想像されるのは正装の俎板帯

花魁の衣装と聞いて思い浮かべるのは前にだらりと真っすぐに落ちた帯だと思います。これを俎板帯(まないたおび)と呼ぶのです。花魁体験でも多いのがこの結い方になります。

帯には絢爛豪華な刺繍が施されており、前から見るととても美しく見えるのです。帯の横には滝糸という煌びやかな紐を垂らして、更に華やかな印象になったのです。この俎板帯は花魁にとっての正装で、花魁道中で太客を迎えに行く時はこの結い方でなければいけないというしきたりあったと言います。

横幅は肩幅ほどで、胸の部分から垂らしている帯の長さはなんと約1mもあったのです。今でもなかなか厳しい長さですが、当時の女性は今よりも平均身長が低かったことを考えると地面に引きずってしまいそうな長さになります。

そこで出てくるのが三枚歯の黒塗り高下駄です。男衆の肩を借りなければ歩けないほどの高さで、30cm以上もあったほどの高さになります。それで上手に歩くのはかなり大変なこと。この高下駄が脱げることは恥じとされ、もしも脱げたら花魁が自腹を切るという罰があったのです。それだけ花魁には高いハードルがあり、プレッシャーもかけられていたということでしょう。

一方でこの高下駄には美脚効果も期待できます。黒塗りの下駄に白い足のコントラストが足を綺麗に見せてくれるのです。花魁体験で撮影をするのであれば、しっかり活用して綺麗な写真を撮影しちゃいましょう。

動きやすいのは可愛らしい鮟鱇帯

もう1つ花魁の帯の種類として有名なのが鮟鱇帯(あんこうおび)になります。俎板帯は前に1mも帯が垂れているため、実際に客を相手にするにはかなり邪魔ですが、あれはあくまで帯の模様を綺麗に見せることに特化した結び方になります。立っている時には綺麗ですが、座れば邪魔ですし返ってみっともなく見えてしまいます。

そのため実際に客の相手をする時には胸の前の方で鮟鱇のような形状に結ぶのです。鮟鱇というといまいちわかりにくいですが、実際に見ると二重蝶結びのように見えます。座っている時や動き回りながら写真を撮影したいのであれば、こちらの方が動きやすく美しく見えます。

この鮟鱇帯の時には胴抜きといわれる着物を着用するのが一般的でした。最近は着物の種類もいまいちわからないという人が多いですし、胴抜きというとピンと来ないかもしれませんが、ちょっと動きやすい着物と思っておけば大丈夫です。

通常袷には裏地がついているのですが、胴抜きは腰の上部から裏地がついていないのです。そのため裏地がついているのは襟や袖、裾回しだけになります。これによって胴回りがすっきりし、動いても暑くないですし、重ね着をする花魁にもぴったりなのです。

華やかさは俎板帯でも鮟鱇帯でも変わりません。ただ実際に見た時にちょっとだけニュアンスが違うため、自分がどんな写真を撮りたいのか、どんなイメージなのかによって決めると良いですよ。

 

京都で花魁体験をするということはそう頻繁にあることではありません。だからこそ自分の納得するものを撮影したいと思っていると思います。ちょっとした花魁に関する知識も押さえておきながら、自分のイメージ通りのものを撮影しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧